LOCUS GUIDE SERVICEとして手探りで始動した今シーズン、経験したことのない程の暖冬小雪やコロナウィルス感染拡大などの大変なシーズンでしたが、そんな中、遊びに来て頂いた多くのゲストの皆さんを始め、プライベートツアーを企画して頂いた販売店様、初年度から取り上げて頂いた各メディア関係者の皆様、地域の関係者様、どれだけ仕事があるかもわからずに働きたいと言ってくれたスタッフや、家族も含め多くの方々のご協力により、ローカスとしての初年度を無事故で無事終えることができました。本当にありがとうございました。

最近はずっと家にいて片付け作業をしたり、家族との時間を過ごしたり、畑仕事をしたり、考え事をしたりとのんびり過ごしています。今は白馬のスキー場も全て閉鎖となり、LOCUSの全てのツアーを中止にしてからはプライベートでも滑りに行ってなくて、でも滑りたいし、これは近所の野外で行う軽い運動なんじゃないかとか、三密じゃないとか、長野は緊急事態宣言が出ていないとか、自分はプロスキーヤーだからこれは仕事だとか、自分に都合のいい言い訳を並べながら葛藤していましたが、プロスキーヤーだからこそ、滑りに行くべきではないと判断して滑らない春を過ごしていました。これについては様々な意見もあるでしょうが、自分以外の誰かに滑るなと言われて諦めるんじゃなくて迷いながら悩みながら自粛していたので、緊急事態宣言が全国に出され、スキー場が閉鎖になって少し諦めがついたというかホッとしたというかそんな心境です。家から見える山はまだまだ白くて今日も上は雪が降っているようです。ゲレンデも営業できていれば十分な雪が未だに残っていますし、気温が低い日も多くて、チラチラと雪が降る日もあるので、もし滑れてたら昨年同様に今年も当たりのザラメシーズンだっただろうなと、その様子を想像し家から眺めているのは辛い時期ですが、前を向いて行くしかないですね。来シーズンは思いっきり滑れるようにしっかり準備したいと思います。

開業の準備が全然間に合わず、走り出してしまった今シーズンだったので、与えられた今の時間を有効に使い、LOCUSとしても来シーズン万全の体制で皆様をお迎えできる様に、しっかり準備したいと思います。状況が変わり外で思いっきり体を動かせるようになったら、楽しそうなオフトレ企画やイベントなども考えてはいたので早くそうなれるよう今は一緒に我慢しましょう!

ブログも書くのでこんなネタ書いて欲しいなどのコメント受付中です。

古瀬和哉