なかなか雪が降らず、多くの滑り手はもちろんですが、冬のスノー観光産業が収入のほとんどを占める、ここ白馬村みたいなスキータウンには、結構深刻な状態のシーズン初めですね。雪が降るかどうかは、村にいるほとんどの人に影響します。お宿では年末のキャンセルが結構出ているなんて話も聞くし。シーズン中の仕事を求めて来ている人たちも、仕事がなくて困ってしまうし、早い時期に雪が降ると村の景気が良くなり、雪が降らないと景気が悪くなります。年末年始はここで暮らす人にとって一年のうちで一番忙しい一週間なので商売している人たちにとっては、滑り手以上に雪を待ち望んでいることでしょう。滑るの大好きでそれを商売にしているスキーガイドはどちらにも当てはまり厳しいシーズン初めですね。

今朝は降雪板に2CMの湿った雪が積もりました。以前ブログで降雪板を作る様子を書きましたが、ひょっとしたらこのまま使わないんじゃないかと思うぐらい日射を浴び続けていましたが、久しぶりに観測。昨夜激しい雨の時間もありましたが、麓の気温は3度ぐらいだったので山では結構な量積もったんじゃないでしょうか?今日のレッスンが楽しみです。

まだ一週間以上先なので不確定な部分はありますが、年末31日くらいからいい感じの冬型になり雪が降り始めるんじゃないでしょうか?お正月は結構荒れた天気で積雪もぐっと増えそうですね。クリスマス寒波がジャブで年明けが本命ストレートになるかなーなんて予想しています。でその後寒気の南下グセがついてたくさん雪が降るいい1月になることを期待しています。ローカルにとっては仕事も、滑るのも、飲み会も、除雪も一気に忙しくなる年末年始パターンですね。白馬ローカル達は人が少ない12月はゲレンデでパウダー滑りたいのに、あまり降らなくてうずうずし、硬い人工雪滑り込んで体仕上がっているので手強いですよ今年は。12月ゲレンデパウダー滑る機会が多い年は年末仕事がんばろーって心の余裕ができるのですが、今年はみんながっつくんじゃないでしょうか。

LOCUS GUIDE SERVICEのホームページ内で今シーズン全てのレッスンやガイドツアーの募集が始まっています。年内はBCツアーは行わず年明けからのガイディングになります。お正月は3日の斑尾レッスンがあとお一人募集中でそれ以外はいっぱいなのですが、お正月明けは本格的にバックカントリーでいい雪いい斜面狙っていきます。

年内はゲレンデレッスンとセッションをやります。技術を向上させるのにこれ以上ないシーズン初めですからね。年内はまだ結構空きがあります。31日セッションはスノーボーダーの方もご参加可能。ゲレンデパウダーセッションになるかな?

ローカスのシステムとしては、今季は基本的にカレンダーが白紙の状態から募集を開始して、その日程で最初にリクエスト頂いた各プログラムを募集する形を取らせていただいております。早い者勝ちシステムです。プランが表示されている日程も✖︎がついていない日は募集中です。春にショップツアー企画していただいている販売店さんもスケジュール決定をお急ぎください。

LOCUS GUIDE SERVICE

お申し込み、お問い合わせはローカスHP内のこちらからお願いします。

この古瀬和哉ホームページのお問い合わせフォームやフェイスブック、メッセンジャーなどのお申し込みやお問い合わせには対応しかねます。

宜しくお願いします。

古瀬和哉