白馬エリアもついにスキー場がオープンしました。僕もめでたく八方で初滑りです。五竜、47、八方尾根などが昨日のうちから今日のオープンを発表していたので白馬のローカルもみんな準備万端で朝から滑っていました。僕はひょっとしたら昨日の午後ぐらいに八方がいきなりオープンするんじゃないかと一応チッェックはしていましたが開きませんでしたね。そんな抜き打ちオープンがたまにあるから気が抜けません。
白馬だけに限らず世界中のスキータウン共通でスキー場がオープンする前と後では活気が全然違います。昨日まではお互い村内に住んでいながら、なかなか会わなかった人達とも今日から毎日山で顔をあわせることになるし、生活のリズムも一気に変わります。そんな慌ただしいシーズン始めの雰囲気を感じながら過ごせるのも、山に住む魅力の一つですね。

コンデションの方はオープンしたのがパノラマコースだけだったのですが、一昨日から降雪が続き、コースの幅はハイシーズンと同じで広く滑れました。コース内は人工降雪も行われているため所々人工雪を感じるところはありますが、概ねいい雪で非常に滑りやすい雪でした。降雪機から十分に離れた場所の雪は本当にいい雪でした。ゲレンデは雲に覆われ雪面は見難かったのですが、時より晴れてみやすいタイミングもありと言ったところです。やっぱりスキーは最高に楽しかったです。

シーズン初めはこれぐらいのコースが体づくりにはちょうどいいですね。リーゼンコース一本分だと結構辛いです。短い中斜面でもう少し足を作って滑走可能コースが広がるのに備えたいところです。そして12月のゲレンデパウダーがシーズンのクライマックスと言えるぐらい楽しいのでパウダーディに向けても滑り込んでおきたいですね。それに備えて開業準備も終わらせないと。来週中にはLOCUS のHPも公開予定です。

12月のゲレンデレッスンの予定もこちらでアップしています。一緒に楽しみながら滑って脚作りましょう。